Feature of CCCCCCの特徴

CCCの構成

CCCは極小の正方形(セル)の集合体で構成されています。
セルにはそれぞれ8色の色が割り当てられています。

CCC 2つのコードスタイル

コードスタイル:Standard
コード形状説明主な使用用途



ガイドストリップを保持している為、オート読込みが可能

[For B to C]
・一般向けに作りたい
・携帯電話で読ませたい
・様々な場面で応用したい

*CCC 【スタンダード】は、下記の予め決まったセルタイプの中から、設定されます。
A 27×27B 54×54C 81×81D 108×108E 135×135F 162×162G 189×189H 216×216
I 243×243J 270×270K 297×297L 324×324M 351×351N 378×378O 405×405P 432×432
コードスタイル:Freecell
コード形状説明主な使用用途



縦横のセル数を自由に決定できる為長方形のコードも作成可能 [For B to B]
・同じ様なデータを大量にコード化
・長方形のCCCを作りたい
・一定のソリューションでの利用
*CCC 【フリーセル】は、27~432セルの間であれば、1セル単位で設定が可能

CCCの情報量

CCCは1つのセルに8色を割り当てる事で、セル毎に3bitの情報を保持できます。
CCCを構成するセルの数が多ければ多いほど、そのCCCが持てる情報量は大きくなります。

CCC化可能情報

CCCはその情報量以内であれば、全てのデジタルデータをコード化する事が可能です。

誤り訂正



誤り訂正
コード包含率
Lv.113%
Lv.226%
Lv.339%
コード内のセルの欠落を補正(修復)するレベル。

キズや汚れなどにより解析不能なセルを補正・修復する。
ユーザーは利用用途や、読取り対象デバイスなどの環境に応じて、
決定する事が出来ます。
しかし、レベルを上げる事で読取り精度は向上しますが、
保有できる情報量は減少します。


お問い合わせ
※コードスタイル:【スタンダード】の規格のみの情報量となります。