About CCCCCCについて

Color Construct Code(略称:Color C Code またはCCC)はカラーコードテクノロジーズ株式会社が研究・開発し、2008年に発表した2次元カラーバーコードです。

カラー印刷機、カラープリンター、カラーTVと、世の中には色を表現できる機器はたくさんあります。しかし、色と言う視覚で判断される要素をデジタルで測定し、それに情報を持たせたコード規格は現在世界規模で見ても、ほとんどありません。

「色に情報を持たせる」を主眼とし、高度な画像解析技術と符号化・複合化技術の組合せにより開発した技術がColor C Codeです。

Color C Codeは従来のコード規格と比較しても、より小さなスペースへ多くの情報を持たせる事が可能となります。

基本的なシステム構成

CCCは誰でも簡単に作成し、印刷する事が可能です。
また、読取り手もソフトウェア(アプリケーション)さえあれば、読取りが可能です。

印刷・プリント環境

CCCは印刷という比較的安価な方法で、デジタルデータの複製・配布が可能となります。 また、印刷・プリント環境も、既存の印刷機やインクジェットプリンター、カラーレーザープリンターなどをご使用頂けます。
その為、導入時のコストを削減できます。

撮影・読取り環境

CCCからデータを取り出す際は、そのCCC画像をデジタルカメラなどの機器で撮影し、その画像データを解析し、復元します。
撮影を行う機器に関して、一定の画素数をクリアしていれば、特別な制限などはありません。

ソフトウェア・ハードウェアの開発

CCC機能を応用した「ソフトウェア」または「ハードウェア」の開発をご検討いただいている企業様へ、当社はSDK( Software Development Kit )をご提供しています。